《 装苑ONLINE 》

デザインやアート活動などのものづくりや、日常を綴るブログです。

《 大谷有紀 / Yuki Otani 》

1981年福井県生まれ。2007年東京藝術大学大学院視覚伝達研究室修士課程修了後、株式会社資生堂宣伝部制作部入社。2016年よりフリーランスのデザイナーとして、広告、プロダクト、空間、装丁、スタイリング、キッズファッションのディレクションなど幅広く活動中。


主な仕事に、Ponte Vecchio、RMK、ラフォーレ原宿、ANTIPASTなどのアートディレクション、ほぼ日、mina perhone、KINTO、AEONとのコラボレーションなど。最近では、Zoffから自身初となるアイウェアを手がける。 主な展示に、個展大谷有紀×志村信裕「わたしたちにだって言いぶんがある。3」(NADiff gallery/2013)、個展「終わりなきバカンスあなたにしか見せない顔 」(SFTGALLERY/2013)、「2e li primo anniversario」(HOBONICHIのTOBICHI/2014)、安藤晶子×大谷有紀(架空日記:きくちゆみこ)「枕元にパン―枕元にパンを置いてきみは寝る、不安で眠れない夜-」(AL/2014)、菅原敏×大谷有紀「嘘ついて星ふえる」(UTRECHT/2015)、大谷有紀×髙橋義明「FICTION NOSTALGIA」(AL/2017)、個展「drawing」(atelier ST,CAT/2018)、個展「春のかおり」(竹尾青山見本帖/2019)などがある。

FICTION NOSTALGIA | art

  • デザイナー・大谷有紀とメンズノンノ専属のモデルでもあり建築家という2つの顔を持つ・高橋義明による2人展「FICTION NOSTALGIA」。大谷有紀のドローイングや版画、写真作品と高橋義明の立体作品や写真作品が一つの空間で交差するインスタレーション形式の展示。恵比寿ALにて2017年開催。

    デザイナー・大谷有紀とメンズノンノ専属のモデルでもあり建築家という2つの顔を持つ・高橋義明による2人展「FICTION NOSTALGIA」。大谷有紀のドローイングや版画、写真作品と高橋義明の立体作品や写真作品が一つの空間で交差するインスタレーション形式の展示。恵比寿ALにて2017年開催。